赤ちゃんの肌にはヒアルロン酸がたっぷり

新生児の肌ってモチモチですよね~~。
プルンプルンしてぴんとした張りがあります。
それはヒアルロン酸を生まれながらにして皮膚に含んでいるからです。
保水する能力が強いヒアルロン酸は、
皮膚の瑞々しさを守るための化粧水や美容液などに入れられています。

ヒアルロン酸とは元来人の体の中の至る所に存在する物質で、
殊に水分を保つ機能に秀でた美容成分で、
ビックリするくらい多量の水を貯蔵することができると言われます。

ほとんどの市販の化粧水などの基礎化粧品や健康補助食品に入っているプラセンタは、
馬や豚の胎盤から抽出したものが使用されています。
品質的な安全性の面から評価した場合、
馬や豚の胎盤を原料としたものが確実に信頼して使用できます。

年齢を重ねることや強い紫外線を浴びてしまったりするせいで、
全身のあらゆる組織に存在するコラーゲンは水分が減って硬くなってしまったり、
量が減少したりするのです。こういったことが、
老け顔の元凶である皮膚のたるみやシワができてしまう主な原因になります。

1gで6リットルもの水を保有できる高い保水力で知られるヒアルロン酸は、
皮膚を始め様々な部分に多く含まれていて、
皮膚においては真皮といわれるところに多量にある性質を持ちます。